子連れ旅行で飛行機を使うときのポイント

>

子連れ客へ航空会社はどう接するか

赤ちゃんがいる場合

まずは赤ちゃんを連れている場合のサービスについてお話したいと思います。

生後一年以内や、まだ歩くことが出来ない赤ちゃんがいるパターンは、その旨を事前に航空会社側に伝えるときちんと準備してくれます。
座席にベビーベッドを設置してくれたり、機内食に離乳食を添えてくれたりします。
ちなみに、離乳食はアレルギーに対応しているのもあります。

また、フライト中のおむつ交換が楽なように、比較的化粧室に近い座席を手配してくれます。
しかし、それは座席に余裕があるときであって、もし座席がギリギリだと難しいかもしれません。

余談ですが、ベビーカーも機内に持ち運びが可能ですけど、その場合は大きさを事前に確認しておくといいでしょう。

小さな子供さんの場合

今度は、赤ちゃんと言うほど小さくはありませんが、だいたい幼稚園児ぐらいの子どもさんのケースをお書きしたいと思います。

これはだいたいどの航空会社も行っているサービスですが、小さなお子さん連れもしくは妊娠中のお客様は優先的に機内に案内されます。
これは搭乗をスムーズにするためと、該当のお客様の負担を減らすという両方の目的があります。
また、これは前出の赤ちゃん連れのお客様にも当てはまりますが、キャビンアテンダントさんが荷物の収納も手伝ってくれたりもします。
これはお客様側にすると、相当ありがたいですよね。

機内でも、長時間のフライトに飽きないようにと、おもちゃをくれたりお菓子を準備してくれたりもします。

このように、さまざまな方面で配慮がされているので、どうぞご安心して飛行機をご利用ください。


シェアする